原因と改善方法

症例一覧

  • 慢性皮膚疾患
  • アトピー性皮膚炎
  • 不妊症
  • がん治療

不妊症とは、「妊娠を望んでいる男女が2年以上性生活を行っていても妊娠しない状態」と定義されています。
これは、健康な男女が避妊せずに性生活を送った場合、80~90%のカップルが2年以内に妊娠する、という研究データから数値化されたものです。
WHOのデータによれば、女性に原因があるケース、男性に原因があるケース、両方に原因があるケースなどの報告があげられています。

pagetop

主な原因として、次のことがあげられます。

男女に共通する原因

環境汚染による食物の汚染、食生活の欧米化、食品添加物・酒・タバコ・農薬・紫外線などなど、実に様々なことが考えられます。
また、その中でも解決の難しい問題として、「現代の競争社会・情報化社会のストレス」があげられます。

男性の場合

精子の数が少ないことや、その運動率が低い事などがあげられます。
難しい言葉で言うと、「造精機能障害」「精子輸送経路の通過障害」「前立腺などの副性器の機能障害」「射精障害」「性交ができないインポテンツ」などがあげられます。

女性の場合

ランクの高い卵子が取れない事や、子宮内膜の血流が悪くて着床率が低い事などがあげられます。
難しい言葉で言うと、「排卵障害」「卵管障害」「着床障害」「生殖機能の低下」などがあります。

pagetop

単純に、上記で述べた原因を少しでもなくしていけるようにするのが望ましいと言えます。
そのために次に述べる方法をお勧めしていおります。

ストレスをため込まないように!

ストレスはホルモンバランスを崩したり、血流を悪くしたりします。血液循環が悪くなると、体の機能も低下してしまいます。あまり神経質にならず、上手にストレスを発散しましょう。

タバコは控えましょう!

タバコも血流を妨げる原因のひとつです。喫煙は血管を収縮させるので、不妊症治療のためだけでなく、健康のためにも控えましょう。

夫婦の時間を作ることも大切!

もちろん夫婦の時間を作ることも大切です!
幸い、今は昔ほど退社後の付き合いが避けられないものではなくなってきているようです。
必要最小限に抑えて、誘われれば行くという習慣に変えたほうが良いでしょう。

血の巡りをよくしよう!

「おけつ」という言葉をご存知ですか?
「おけつ」とは、血の流れが滞った状態をいいます。この「おけつ」を解消する事が大切です。
特に下腹部におけつがある場合には、生殖器官の働きに影響が強く現れるのですが、女性は男性と違って、1ヶ月に1度生理がくるという月経周期をもっているので、どうしても「おけつ」という状態になりやすくなります。
また、人工妊娠中絶の手術を受けたことが原因で、おけつが生じることもあります。
手術後に子宮が炎症を起こすこと で、その周囲に血の流れの停滞が起きてしまうのです。

体を冷やさないようにしよう!

規則正しい生活で、自律神経の働きを整えることも大切です。
日中は活動して、夜はきちんと休むという生活が、自律神経のバランスよい働きにつながります。自律神経と妊娠に必要な女性ホルモンは、 同じ視床下部でコントロールされていて、お互いに影響しあっています。
自律神経の働きが正常であれば、女性ホルモンも正常に分泌され、生殖器官の機能はもちろん、全身の調子が整います。

pagetop

当薬局では、病気になりにくい体づくりを応援しています。詳しくは こちら▶

アクセス お問い合わせ